新MarketとMarket Enabler


新Marketが落ちてきた報告が増えて来ました。(まだの方もいるようです)

新Marketの評価は控えますが新Marketを使用してるとMarket Enablerが使用出来なくなるようです。(Googleが対策した?)

とゆう訳でMarket Enablerを使用したい場合は新Marketをダウングレードする必要になるのでご注意ください。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

今日はミラーレス一眼の考察


先日パナソニックのGF-2のダブルレンズキットを手に入れたのでちょっとミラーレス一眼について書いてみます。

そもそもミラーレス一眼とは何なのか? デジタル一眼レフやコンデジとの違いは?

デジタル一眼レフ:一眼レフをデジタル化したもので撮像素子(CCD、C-MOS)が大型、ミラーを用いたファインダー(ファインダーは光学式)を用いるのでボディー、レンズが大型で高価ある。レンズが交換式でRAWフォーマットにも対応、高機能で高性能。

コンジデ:小型軽量でレンズ一体型、ファッション性や扱いやすさを主眼に開発され一般的には安価である。撮像素子も小型でカジュアルな使い方に適しているが機能や性能を求める向きに不向き。RAWフォーマットに対応するのはごく一部。

ミラーレス一眼:レンズ交換式(マウントアダプター使用によりデジタル一眼レフのレンズを使用可:一部機能制限有り)で有る事はデジタル一眼レフと同じではあるがミラーを廃した(ファインダーは背面の液晶又は液晶式のビューファインダー)事により小型軽量を目指した。撮像素子はコンデジより大きいがデジタル一眼レフよりは小型(一部機種では同等の物もある)結果として機能、性能的にはデジタル一眼レフよりは劣る一方で動画録画機能などを充実させる傾向にある。RAWフォーマットにも対応する。

 

       高←機能、性能→低

     低←扱いやすさ、携帯性→高

         高←価格→安

デジタル一眼レフ:ミラーレス一眼:コンデジ

 

オリンパスPENやソニーのNEX、パナソニックGシリーズなどの発売によりファッション性と扱いやすさを両立させ機能、性能は上のクラスのデジタル一眼に近くそれなりに動画性能もある事などから最近はコンデジからの乗り換え層やデジタル一眼レフを持つマニア層のサブ機として人気が出てきている模様の様です。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

一時代の区切り


ご存じの方も多いと思われますがHT-03A、XperiaーX10、初期の海外端末でRoot化やカスタムROMを使用してきた方の多くが参考にされてきたAccコムギドットネットがすでに更新を停止されています。

バージョン1.x時代の端末に比べれば現在販売されている端末の多くは普通に使う分にはRoot化やカスタムROMに頼らなくても良い様なスペックを持つようになりました。

また、まだまだ課題を抱えているとはいえMarketで配信されているアプリもかなり増えてきました。

Root化やカスタムROMを導入するためのノウハウも拡充されADBコマンドを使用しなくても出来る様な態勢も広がりつつあります。(カジュアル化しすぎて問題も出ていますが)

そんな中でAccコムギドットネットの果たした役割は大きかったと思います。

私自身も大変お世話になりました。改めてサイト主のくろぺんさん(コムギさん)にお礼を申し上げます。

最後にサイトが閉鎖される前に必要な情報がある方はアクセスしておきましょう。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

GoogleのMotorola Mobilityの買収で今後のAndroidはどうなるか?


昨夜の買収報道以降各方面でいろいろな反応があるようなので個人的に起こりそうな事を考えてみました。

1.特許を盾にした訴訟合戦の行方はどうなる?

  あくまで相手ありきの話なので相手の出方次第はどのようになるのか予測する事は難しいと思われるが一般論として

  Motorola Mobilityの保持する特許にはモバイル端末に必須な基本特許が数多く含まれるためライバル企業がAndroidに対して今後訴訟を起こしにくくなる可能性が高まる(しかしながら全く無くなるわけでは無いと思われる)

  現在の訴訟の一部は収束していく可能性が有る。

  

2.Nexusの名を冠した端末はどうなる?

  年内にも出てくる事が予定されているNexus Primeと噂のある端末は買収のスケジュール的に見ても予定通りであると思われる。

  それ以降のNexusについてはGoogleの発表では今まで通り他のメーカーと同じ条件でNexusを開発していくとの発表が出されているが実際どうなるかは実際に出てくるまでは不明である。

AppleのiPhoneのような戦略をとる事も可能だしメリットもあるがSamsu、HTC、ソニエリなどのAndroidを牽引してきたメーカーの反発や離反に繋がる可能性も高まるのでここはGoogleと言えど慎重になるだろうと予想される。

一方で買収以降に販売される端末が準Nexus機とも言えるようなリファレンス機扱いになる可能性も有るかもしれない(特に開発者などに人気が出るかもしれない)

 

3.その他の可能性

  Motorolaの持つ特許やノウハウを使ってGoogleTVやSTB、ルーター、ホームネットワーク製品→Android@Homeに繋がっていく製品の開発販売を行っていく可能性があるかも?

 他にもChorme Bookや車載ネットワーク製品など将来に繋がる可能性もあるかも?

 

と言う訳で今後の業界の動向に注目です。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

Google Music Betaのすすめ


一部のユーザー限定でGoogle Musicのベーター版がテストされていますが現在のところ招待を受けるか串を通して直接米Googleに招待の要請を送る方法しか有りませんがTwitterのフォロアーさんから招待頂けたのでGoogle Music Betaを使って見ました。

使い方はこちらのブログさんが参考になるかと思います。

Google Music Betaの1stインプレッション

 

何が便利かと言うと自分のPC上に有る音楽データー(対応可能な物に限る)を一旦Googleのクラウド上にアップロードしてさえすればGoogleアカウントと一つで別PCやAndroid端末上で再生が可能と言う点です。

特に対応可能なバージョンのAndroid端末(ネット接続されている事が前提)の場合USBケーブル不要で音楽再生やダウンロードが可能な点は音楽のソースがSD上に無くても使えるなど近未来を感じさせる仕上がりになっています。

もしお知り合いの方が招待できる状態なら是非招待を受けて使って見る事をお勧めしまします。

Google Music BetaはWindows、Macに対応しています。

またWebからのアクセスならば多くのモバイル端末上で使えると思われます。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

スマートフォンの存在についての考察


iPhone以後Androidを搭載したスマートフォンの存在が各キャリアの戦略ともマッチした事もあり各種広告での露出も増えた事もあり今までフィーチャーフォン(ガラケー)からの乗り換えユーザーも増えて来ているようです。

それに伴い乗り換えたフィーチャーフォンユーザーから難しい、面倒くさい、バッテリーが持たない、セキュリティが不安などの戸惑いの声も大きくなってきているようです。

それに対してメーカーやキャリアからはこんな事もで来ます。あんな事もで来ます。的な手法や近未来的なイメージだけでユーザーを煽っている事がなんとなくミスマッチに感じられるのですが皆さんはどう思われるでしょうか?

個人的な考え方になるのでそれは違うんじゃない?と言う方もいらしゃると思いますが敢えて自説を述べさせて頂きたいと思います。

スマートフォンはPCの仲間である

  それ故に使用するアプリや設定によって汎用的な使い方が出来る。(つまりどのように使いたいかが明確な方が使いやすい。アプリや設定の違いにより他人と同じとは限らなくなる)

  セキュリティーに関してもPCに準じる考え方を持った方が良いと思われる。(あまり人任せ(メーカーやキャリア)にしない方が良い)

  フィーチャーフォン(家電から発展してきた)の機能やサービスなどに不満が出てくるのはPCが一般的な家電とは一線を違えた物であるとの認識が必要

  PCとの連携により利便性が高くなる(PCを使用しないまたは利用頻度が少ない場合メリットを享受出来ない可能性がある)

 

とどのつまりPCの使用を好む層とあまり好まない層とではスマートフォンの評価がまるっきり異なってくる可能性が高くなると言う2極化が進んでいくのでは無いでしょうか?

この異なる層に対して今後どのような施策がとられていくのか気になります。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

Androidのアップデートに関する考察


この記事がTL上で話題になり各方面からいろいろな意見があったので考察してみる事にしました。

 http://gigazine.net/news/20110622_xperia_so_01b_not_gingerbread/

 

まずアップデートとは何でしょうか?

機能改善や不具合の修正などで商品価値を高める行為ではないか? と私は思います。

ただし中には見た目には変化が少ない場合も有りますが不具合の修正や脆弱性に対する対処などが含まれる場合もあるので必ずしも速度の向上や機能の追加が行われるとは限りません。

そしてアップデートが提供されているなら上記の理由でアップデートをしておく事をお勧めします。

 

まずSO-01Bのユーザーの多くはがっかりした様です。

これは海外仕様のX10にはアップデートが提供される一方で国内仕様のSO-01Bに提供されない事を差別的に感じたからだと思います。

もし、これが技術的な問題により海外仕様も国内仕様もアップデートが提供されないと言うことであったなら残念ではあっても納得できたのでは無いでしょうか?

一方で海外端末と国内端末では別端末なのでそんな事情は関係無いと言う考え方の方もいらした様です。

他にはライトユーザーはアップデートには無関心といった意見や、アップデートによるデメリットが存在するなら選択制でアップデートを行える様な施策にすれば良いとかアップデートを有料制にした方が良いなどの意見もみられました。

 

海外仕様では提供されるアップデートが国内仕様では提供されなかった原因は国内用の独自サービスを盛り込んでいる事によるリソース不足(システム領域やRamの容量的に)とアップデートにより本体が初期化されてしまう事のようです。

私自身は国内独自のサービス(おサイフ、ワンセグ、キャリアメール、赤外線通信、他)をあまり好みませんが否定するつもりもありません。それらを必要としているユーザーの方がむしろ多数派だと思えるからです。

しかしながらそれらが海外端末に比べると端末のリソースを多く消費するのも事実なのでメーカーサイドにはそれらを見越した上でROMやRAMの容量を設計して欲しいと思っていますがなかなかそうは行かないようです。さて今後はどうなっていくのでしょうか?

皆さんはどうお考えでしょうか?

※追記:中の人の意見も伺ってみたいですがこのブログ程度じゃ見てくれないよね~w

カテゴリー: Uncategorized | 2件のコメント