今日はミラーレス一眼の考察


先日パナソニックのGF-2のダブルレンズキットを手に入れたのでちょっとミラーレス一眼について書いてみます。

そもそもミラーレス一眼とは何なのか? デジタル一眼レフやコンデジとの違いは?

デジタル一眼レフ:一眼レフをデジタル化したもので撮像素子(CCD、C-MOS)が大型、ミラーを用いたファインダー(ファインダーは光学式)を用いるのでボディー、レンズが大型で高価ある。レンズが交換式でRAWフォーマットにも対応、高機能で高性能。

コンジデ:小型軽量でレンズ一体型、ファッション性や扱いやすさを主眼に開発され一般的には安価である。撮像素子も小型でカジュアルな使い方に適しているが機能や性能を求める向きに不向き。RAWフォーマットに対応するのはごく一部。

ミラーレス一眼:レンズ交換式(マウントアダプター使用によりデジタル一眼レフのレンズを使用可:一部機能制限有り)で有る事はデジタル一眼レフと同じではあるがミラーを廃した(ファインダーは背面の液晶又は液晶式のビューファインダー)事により小型軽量を目指した。撮像素子はコンデジより大きいがデジタル一眼レフよりは小型(一部機種では同等の物もある)結果として機能、性能的にはデジタル一眼レフよりは劣る一方で動画録画機能などを充実させる傾向にある。RAWフォーマットにも対応する。

 

       高←機能、性能→低

     低←扱いやすさ、携帯性→高

         高←価格→安

デジタル一眼レフ:ミラーレス一眼:コンデジ

 

オリンパスPENやソニーのNEX、パナソニックGシリーズなどの発売によりファッション性と扱いやすさを両立させ機能、性能は上のクラスのデジタル一眼に近くそれなりに動画性能もある事などから最近はコンデジからの乗り換え層やデジタル一眼レフを持つマニア層のサブ機として人気が出てきている模様の様です。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中