GoogleのMotorola Mobilityの買収で今後のAndroidはどうなるか?


昨夜の買収報道以降各方面でいろいろな反応があるようなので個人的に起こりそうな事を考えてみました。

1.特許を盾にした訴訟合戦の行方はどうなる?

  あくまで相手ありきの話なので相手の出方次第はどのようになるのか予測する事は難しいと思われるが一般論として

  Motorola Mobilityの保持する特許にはモバイル端末に必須な基本特許が数多く含まれるためライバル企業がAndroidに対して今後訴訟を起こしにくくなる可能性が高まる(しかしながら全く無くなるわけでは無いと思われる)

  現在の訴訟の一部は収束していく可能性が有る。

  

2.Nexusの名を冠した端末はどうなる?

  年内にも出てくる事が予定されているNexus Primeと噂のある端末は買収のスケジュール的に見ても予定通りであると思われる。

  それ以降のNexusについてはGoogleの発表では今まで通り他のメーカーと同じ条件でNexusを開発していくとの発表が出されているが実際どうなるかは実際に出てくるまでは不明である。

AppleのiPhoneのような戦略をとる事も可能だしメリットもあるがSamsu、HTC、ソニエリなどのAndroidを牽引してきたメーカーの反発や離反に繋がる可能性も高まるのでここはGoogleと言えど慎重になるだろうと予想される。

一方で買収以降に販売される端末が準Nexus機とも言えるようなリファレンス機扱いになる可能性も有るかもしれない(特に開発者などに人気が出るかもしれない)

 

3.その他の可能性

  Motorolaの持つ特許やノウハウを使ってGoogleTVやSTB、ルーター、ホームネットワーク製品→Android@Homeに繋がっていく製品の開発販売を行っていく可能性があるかも?

 他にもChorme Bookや車載ネットワーク製品など将来に繋がる可能性もあるかも?

 

と言う訳で今後の業界の動向に注目です。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中