スマートフォンの存在についての考察


iPhone以後Androidを搭載したスマートフォンの存在が各キャリアの戦略ともマッチした事もあり各種広告での露出も増えた事もあり今までフィーチャーフォン(ガラケー)からの乗り換えユーザーも増えて来ているようです。

それに伴い乗り換えたフィーチャーフォンユーザーから難しい、面倒くさい、バッテリーが持たない、セキュリティが不安などの戸惑いの声も大きくなってきているようです。

それに対してメーカーやキャリアからはこんな事もで来ます。あんな事もで来ます。的な手法や近未来的なイメージだけでユーザーを煽っている事がなんとなくミスマッチに感じられるのですが皆さんはどう思われるでしょうか?

個人的な考え方になるのでそれは違うんじゃない?と言う方もいらしゃると思いますが敢えて自説を述べさせて頂きたいと思います。

スマートフォンはPCの仲間である

  それ故に使用するアプリや設定によって汎用的な使い方が出来る。(つまりどのように使いたいかが明確な方が使いやすい。アプリや設定の違いにより他人と同じとは限らなくなる)

  セキュリティーに関してもPCに準じる考え方を持った方が良いと思われる。(あまり人任せ(メーカーやキャリア)にしない方が良い)

  フィーチャーフォン(家電から発展してきた)の機能やサービスなどに不満が出てくるのはPCが一般的な家電とは一線を違えた物であるとの認識が必要

  PCとの連携により利便性が高くなる(PCを使用しないまたは利用頻度が少ない場合メリットを享受出来ない可能性がある)

 

とどのつまりPCの使用を好む層とあまり好まない層とではスマートフォンの評価がまるっきり異なってくる可能性が高くなると言う2極化が進んでいくのでは無いでしょうか?

この異なる層に対して今後どのような施策がとられていくのか気になります。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中