セキュリティー対策とリスクに関する考察


このところAndroid界隈で度々発見されるマルウェアに関していろいろな発言などがあるようなので考察してみました。

結論から言うと

1.マルウェアに対してネットやリムーバブルストーレージなどと繋がっている限り完璧にマルウェアを遮断する方法は無い!(確率の差はあるがどのようなOSや機器に関しても一緒)

2.セキュリティー対策アプリはマルウェアによる感染や感染からの除染の確率を上げる事は出来るがそれだけやっていれば完璧とゆう物は存在しない!

3.・使い方を工夫すれば感染の確率を低くする事が出来る!

 

1,2については人の作る物なので完璧と言う事はあり得ないし、対策を取ったとしても相手がその裏をかく事で常にいたちごっこ状態なので当分現状は変わらないと思われます。

3についてはマルウェアを作ったり、配布する側だとしたらどのようにするか? を考えれば自ずと答えが出てくると思います。

具体的には「割れアプリ」、「割れコンテンツ」、「エロ」この辺のキーワードに引っかかりそうな物には近づかない事、それから信頼の置けないPCや周辺機器と接続しない(野良wifiなども含む)。

アプリのインストール時には信頼の置けそうなアプリ(または作者)か? (具体的にはアプリの公開期間が長い、アップデートをちゃんと行っている、ユーザーの評価が高いなど)

この辺に気を遣えばマルウェアに対して充分な確率で対処出来るのでは無いでしょうか?

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中