パーミッションとインテント


Androidは難しい(特にiosデバイスと比べて)と良く言われますがその中でもパーミッションとインテントとゆう概念が理解しづらい部分も有るように見受けられます。

iosデバイスやPCではインテントとゆう仕組みは一般的では無くパーミッション自体は存在しますがエンドユーザーが直接触ることは希だからな様な気がします。

インテントとはアプリ間の連携を取るための仕組みでカメラアプリで写真を撮ってブログやTwitterのクライアントアプリに渡して投稿する様な感じのモノがよく引き合いに出されたりします。

ただしインテントの仕組みは各アプリ側に対応の可否が任されています。

このインテントの仕組みによって各アプリはアプリの専門性や特色を生かしつつサイズをあまり大きくしなくても済むとゆうメリットを享受する部分と違うアプリ間で連携するためにUIなどの整合性が一意では無いとゆうデメリットも存在します。

一方のパーミッションの方は直訳すると「権限」とゆう意味になりますが具体的には端末に搭載されているハードウェアやデータベース、電話帳、インターネットアクセスなどへのアクセスを許可するかどうかとゆう事です。これはマーケットでアプリの詳細を見ると書いてあるので眺めてみるとよいでしょう。パーミッションが有ることで不要なアクセスを禁止してセキュリティーを向上させていますが、確認もしないまま何でもかんでもインストールしてしまうと本来不必要なパーミションを許可してしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。

またrootを取得しているユーザーさんはコマンドレベルのファイルの「権限」も同じパーミッションとゆう言葉を使うので混同しないようにして下さい。

去年くらいはHome、mEnu、Backボタンなどボタンの数が多すぎるなど一部のiPhoneユーザーから批判も聞かれましたが最近は聞かないところをみると各ボタンの有用性が認めれてきたのかなとも思います。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中