GPSに対する誤解について


Androidが国産携帯に比べて精度が悪いとゆう話を良く聞きますが一方でGPSに対しての誤解も多いようなので今回はGPSの事を書いてみる事にします。

GPS衛星とはセシウム原子力時計など非情に精度の高い時計を積んだ地球の衛星軌道上を飛んでいますが静止衛星ではありません。

よってBSやCSの様に特定の方向にアンテナを向けるとゆう訳ではなく時間や場所により補足できる衛星の数や方向が変化します。

ドップラー効果により衛星から送られてきた時刻の変異から位置を特定するため複数の衛星を補足する必要があります(条件にもよりますが通常は5個以上)、またドップラー効果を使用しているために受信側も移動していた方が変異の関知に有利に働きます。また基準になる時刻に正確さが求められるため端末側の基準時刻が不正だと衛星を補足できなくなります。

通常精度や衛星の補足時間を短縮するためにA-GPSとゆう仕組みで補っていますが、A-GPSを利用するためには3G接続が必要になります。

以上の事からGPSの精度や補足時間が長い場合は

1.GPSが受信状態にない。または充分に衛星が補足できる状況にない(鉄筋コンクリートや金属により電波が受信し辛い)

2.3Gを切っていてA-GPSによる補正が受けられない(一定の時間でA-GPSのデータを取り込む場合がほとんどなので直前に3G接続を行ってもデータが取り込まれない場合が有る)

3.基準時刻が不正である

場合が有ります。

もちろんこれ以外にも端末自体のハード、ソフトによって差が出てきます。

 

※国産携帯がGPSの精度が良いと思われているのは国民性から端末の時刻の同期が割と正確なのとGPS、A-GPSの仕組みが最適化されている可能性はあるかもしれません。

※追記:Twitterのフォロアーさんより基地局側の補正情報の精度が影響しているとのご指摘を受けました。ちょっと調べてみたのですが詳細な情報が良く分かりませんでした。何かご存じの方などいらっしゃいましたらコメント等頂けると幸いです。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

GPSに対する誤解について への2件のフィードバック

  1. さとう より:

    あまり詳しくないのですが、、
    ケータイの場合は(宇宙空間に数十機しかないGPS衛星の)GPS電波に+して、
    そこらに膨大にある携帯基地局の位置情報を加味してる、のようなことではないでしょうか。
    Androidの場合は、通常のGPS電波しか使ってない(かもしれない)ので、
    基地局情報を使ってない分、不利があると。

    いまのケータイにはGPSチップが入ってますが、少し前のケータイには入ってなく、
    基地局情報でGPSをやってたと思います。

    ちょっと愚痴になってしまいますが、某所で「屋内でGPSが受信できない!」
    のようなことを言ってる方がいて、残念でした。。

    • jigen3 より:

      その機能がA-GPSだと思われます。
      位置情報は基地局側で保持しているはずです。(そうしないと基地局の増設や撤去のさいに端末側のデーターを書き換えないといけなくなりますが?)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中