タスクキラー系のアプリを使う場合の注意点


2chを見ていると定期的にタスクキラー系のアプリの話題が出ているのでちょっと書いてみます。

まずAndroidでは立ち上がっていてもスリープしているアプリは電力を消費しません。

タスクキルしても自動で立ち上がってくるアプリはタスクキル→アプリ再起動→タスクキル・・・

の流れでかえって電力を消費するので返ってタスクキルしない方がよい。

アラームや定期的に通信をするアプリやウイジェット系のアプリをタスクキルするとアプリが動かなくなる。

そもそもAndroidでは空きメモリーがあれば起動時間を短縮する目的で可能な限りメモリーを使う仕様になっており空きメモリーを気にしなくても良い設計になっています。

以上の事から問題に成るような動作をするアプリが有る場合は削除するか作者さんに修正を依頼するのが正しい使い方です。

もしタスクキラー系のアプリを使うなら手動で最低限の使い方をする方がトータルのパフォーマンスが良くなる事が多いと思います。

 

※追記:SPモードアプリをタスクキルしてしまうとMyアドレスが消える現象が現れるそうです。2011/02/02

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中