Skypeは禁断のアプリになり得るか?


日経によりAUの禁断のアプリがSkypeではないかとの記事でちまたでは盛り上がって居るようですね?

そこで今回はユーザー目線で本当にSkepyが禁断のアプリになり得るの少し考えてみたいと思います。

少しずつSkypeの上がって来てますが、いまだPCやスマホとは縁の無い一般の方々にはあまり浸透していないように思います。

今回の事が事実ならSkypeユーザーにとっては喜ばしいことである事は間違いのない事でしょう。

しかし、禁断のアプリと成るためにはスマホだけではなく一般の携帯等にまで裾野が広がっていかないと本当の意味での

禁断のアプリと呼べるまでは成れないのではないでしょうか?

もちろん現在でもSkype-In、Skype-Outを使用することは可能ですが、一部の人達を除いてはあまり有効では無いようにも感じます。

是非、一般の携帯や家庭内で使える安価なブロードバンドに接続可能なSkype機器の普及が加速すると良いですね。

その時キャリアはどうなっていくのでしょうか? 興味が有りますね。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中