Android自由の功罪


帰宅してからTwitterのTLを眺めていたらこんなツイートが流れていました。

kojira Akio Kondo

むほー RT @fukuyuki: ブログ書いた。久しぶりにコード書いた。「Androidでガラパゴスじゃない電子書籍を作ってみました」 –村上福之の「ネットとケータイと俺様」 http://ow.ly/2SGGC

書かれている内容についてはいろんな見方が有るでしょうがまさしくAndroidの自由さを体現できる出来事のようです。

一方でマーケットの検閲が無い事やメーカー側の端末設計の自由度の高さや頻繁すぎるアップデートがデメリットにも成って来ています。

しかしながら自由であるがために修正もまた早くできるしメーカー側も今後は互換性を気にしてくると思うので(個人的な意見ですが)

意外とデメリットな部分は数年とゆうスケールで見た場合はあまり問題に成らないのではないでしょうか?

特にWP7が登場後はメーカー側も端末の互換性には気を遣ってくるんじゃないかな?

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中