例のガラパゴスに着いて考えてみた


シャープから「ガラパゴス」の発表が有りましたが各方面から賛否両論の反応が

出てきているようです。

また、Android端末自体がガラパゴス化することに対しても賛否両論有るようなので

そこでガラパゴス、ガラパゴス化について少し考えてみました。

そもそもなぜガラパゴスと呼ばれるかと言うと狭い範囲で特定の進化を遂げてしまった

ためにそれが逆に足かせになり世界中で反映できなくなってしまった。

携帯の世界では日本国内とゆう特殊なニーズの中で作られたために世界中で売れない

また製造コストが高くなってしまった。

現実にそうゆう事が起こってしましい日本の携帯メーカーはその存続の危機に・・・

それを打開するためには二つの方法があります。

第一の方法

世界中で売れている携帯と同様な種類の携帯を国内でも販売し、さらに世界中でも販売する

第二の方法

ガラパゴス方式を世界中に広めてしまう

今回シャープは第二の方法を選択したようです。

生き残りをかけて成功して貰いたいものです。

Androidのガラパゴス化についてはユーザーの選択肢が(非ガラパゴスを含む)

保証されるのであればいくら出てきても構わないと思います。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中